釜石レポート③まとめ

赤浜小学校のほかに2か所の避難所を訪れました。
吉里吉里(きりきり)地区にある老人ホーム。
少し高台で本当に良いところでした。目の前の仮設住宅とがれきの山さえなければ・・・
a0067860_14465642.jpg
a0067860_1453976.jpg
a0067860_14532582.jpg
靴とジャージのバザーに列をなす人々。まだまだ物資が足りていないのですね。


中学校が避難所になっています。
a0067860_1458613.jpg
a0067860_14581940.jpg
お風呂もこんな可愛らしく♪みなで励まし合って日々過ごされているのですよね。
かえってこちらが勇気づけられてしまいました・・・

a0067860_1532622.jpg
がんばろう!って言葉があまりに軽くて不適切だと、心から思います。
命ある限り、生きて行くしかないのです。それだけで、十分でしょう?

ニュースで見ました。家族をほとんど亡くしてしまった方が、
「(自分が)生きててよかったのかどうか・・・分かりません・・・」と。
そういう人にまで「がんばれ」と?

目を覆いたくなるような景色ばかりが延々と・・・でもこれが現実です。
現実を伝えなければと、もはやジャーナリストになった気持ちで夢中でシャッターを押しました。およそ300枚。
へたっぴ写真ですが、何か感じて頂ければ幸いです。
これらの写真、今月28日の日本地下水学会でもパネル展示することになりました。
a0067860_15243489.jpg
a0067860_15245381.jpg
a0067860_1525475.jpg
a0067860_15252853.jpg
a0067860_15253965.jpg

a0067860_15255174.jpg
a0067860_15261028.jpg

a0067860_15263595.jpg
a0067860_15265752.jpg
a0067860_1527177.jpg
帰り道。新たに遺体が収容された様子でした。
心よりご冥福をお祈りいたします。
[PR]
# by marumarusu2000 | 2011-05-17 14:36

釜石レポート② 釜石市大槌町赤浜地区 避難所の様子とプロジェクト現場

木の向こう側に赤浜小学校があり、その敷地に井戸掘削プロジェクトの現場があります。
結論から言いますと、無事に揚水に成功しました。
この避難所はすでに水道もきていますが十分な量ではなく、この井戸が洗濯やお風呂に入るのに大きな助けになるそうです。
a0067860_21503258.jpg
a0067860_21573030.jpg
a0067860_21575438.jpg
a0067860_2158818.jpg
a0067860_2221974.jpg


プロジェクトの現場。
a0067860_21584030.jpg
a0067860_220493.jpg

掘削の様子。私もイメージは持っていましたが、経過を見ているのは初めてでした。
a0067860_2159341.jpg
a0067860_21595417.jpg
a0067860_2212769.jpg
a0067860_2232911.jpg
a0067860_22413587.jpg
水が出ました!成功です。
a0067860_2263664.jpg
現場にはNHKとテレ朝が来ていました。地元紙に記事が掲載されたようです。
a0067860_22574735.jpg


小学校から海を眺めた景色。
何事もなかったように、きらきらと穏やかにゆらめく波が、憎らしく思えました。
私に親しげに話かけてきてくれた漁師のおじちゃん。「船と命だけ残った」と。
おじちゃんの笑顔が忘れられません。履いていた長靴には、○○丸 つよし と書いてありました。
a0067860_22353346.jpg
a0067860_223533.jpg
a0067860_224188.jpg
a0067860_2248678.jpg
a0067860_22531751.jpg
a0067860_22483170.jpg
a0067860_225045.jpg
a0067860_2252594.jpg
a0067860_22523966.jpg
少し高台にあるお家に見た目の被害はなく、ライフラインもすでに復旧し、通常の生活をしているようです。
けれど、目の前に広がるがれきの山に、思いは複雑だと思います。
a0067860_2255443.jpg

[PR]
# by marumarusu2000 | 2011-05-15 22:43

釜石レポート① 北上~釜石へ 被災地の現状

5月13日、仕事で釜石市大槌町赤浜地区を訪れました。
(仕事の内容: 赤浜地区の避難所での井戸掘削プロジェクト現場視察のため)
東北新幹線の北上駅下車、そこから車で約2時間でした。

レンタカー屋さんで行き先を伝えると、道が悪く釘などを踏みパンクをするケースが多いが、
場所が場所だけに、通常のロードサービスが受けられない旨の話がありました。
いよいよ被災地へ行くのだなと、改めて感じた瞬間でもありました。

a0067860_2232986.jpg


More
[PR]
# by marumarusu2000 | 2011-05-14 23:44

雨の日

a0067860_2575146.jpg

晴れの日と雨の日だったら、やっぱり晴れの日の方がうれしいけれど、雨も降らなかったら困るよね。
だから、たまには我慢、我慢。

でも、雨の日も決して悪くない。
辺り一面、しっとりとして、いつもの景色もまた違って見えるから不思議。

a0067860_2581478.jpg

a0067860_252340.jpg

傘をさしてちょっとだけ歩いてみると、思わぬ発見があって楽しい♪
[PR]
# by marumarusu2000 | 2011-05-12 02:58 | 風景

久々のTOKYO♪ with キミ

おととい、弟と一緒にシュルレアリスム展を見に行ってきました。

a0067860_21265590.jpg

GWなので、混雑覚悟で出かけましたが、何しろ、わたしとキミは、
昨年夏に同じくココ、国立新美術館で開催されたオルセー美術館展で、およそ2時間の入場待ちを体験していたので、ちょっとやそっとのことではへこたれない自信がありました(笑)

実際、いたって常識的な混雑でしたので、マイペースでじっくりと鑑賞できました♪

a0067860_2126186.jpg
a0067860_21262138.jpg


どこかの子ども 「これなーに?何だかわかんない。
どこかの子どものお母さん 「何だかわからないから、いいんでしょ。

確かに、何だかわからない作品です(笑)
私も、例えばピカソくらぶの子どもたちにそう聞かれたとしたら、何と答えるか・・・
このお母さん、ごまかさずにちゃんと答えてあげてエライし、良い答えだと思いました。

私自身はもちろん、キミにもよい刺激になったようで、よかったです。
帰りは北千住でキミの好物、ラーメンを食べました♪
ほんと、安上がりな子です(笑)

会期が延長されていますので、チャンスがありましたら是非♪
[PR]
# by marumarusu2000 | 2011-05-06 21:33 | 休日